スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.14.11:14

*
スポンサーサイト

* ベランダ *

2013.05.17.15:21


 
先日、バラを大切に育てている友人のお宅にお邪魔しました
 
毎年見頃になると伺ってます
 
 
クスリを使わないので虫退治をしたり
しっかり花を付けるために余分な葉や枝の手入れをしたり
マンションの11階なので雨や風が強い時は部屋に運び入れたりとかなり手がかかるそうです…
 
キレイに咲いてくれた薔薇をみるのが至福の時で
そのために年中手をかけていると
 
 
本当に綺麗でとっても良い香がしました
 

 










キレイに咲かせてもらったバラも幸せですね
 



さて、最近暖かくなったのでウチのベランダでは
リズがビローンと転がっています
 













そしてジョーロに手を伸ばし水を舐めてたりします
 






可愛いですっ

 
 

* 5月8日に生まれて *

2013.05.08.23:59

今夜は珍しく(?)営業日。

GW中はすっかり休ませて頂いちゃったので(汗)お休み中の遊びを報告にきてくださる方、レースの祝勝会な方、久しぶりにお越し頂く方、ずっとお会いしたかった人をお連れくださった方、等などでたくさんの方にお越し戴きました。

中でも数名の姫君がそれぞれ執事や下僕^^などをお連れ戴きまして、それが偶然にも数件重なっちゃったものだから、瞬時20数名様にまで膨らんでしまって、一時店内は足の踏み場もないほどなのでした^^;


本当にありがとうございます。



その姫君の一人、巨匠@ちゃんとアンカ銀さん他皆さんの、ふとした会話の中で、、、

「そうなのー(中略)結婚して何年になる?」

「もう三年ですー。たしかApricoと同い年なんですよね?」

「へえー!?そうだったんだー。向井ちゃんApricoって何年目?」

「えーっと、、、4年目?かな?」

「じゃあ三周年ってこと?」

「・・そう、、なりますかね?」

「オープンしたの何月だったっけ?」

「ええーーーっと、、、5月の、、8日?かな?ジロ・デ・イタリアの開幕の日だったから。」

「5月8日ってさあ、、今日は何日よ?

・・・え!?今日が8日じゃん!


みなさ~~ん!なんと今日がAprico3周年記念日なんだって!


おめでとうーー!!」


(一同歓声&乾杯)


そして、まさにその瞬間にTヅご夫妻がお祝いのお花を抱えてご来店したのでした。





アイヤー!お恥ずかしい(*´∀`)


確か去年も一昨年もTヅご夫妻にお花を頂くまで忘れてたような(汗




記念日さえ忘れる店主でホントスイマセン(汗汗


偶然にも、今日という日が営業日で今日という日にこれほどの方がお越しいただいて。

(皆さん何か虫の知らせでもあったのでしょうか?)




SN3S00270001.jpg
(今年もTヅご夫妻ありがとうございます!)








ホントにありがとうございます!


気がついてみればもう三年。あっという間の三年でした。


もっとも、少ない営業日&営業時間をぎゅぎゅっと固めれば一年にも満たないんですけどね(^^;


10周年になっても20周年になってもきっと店主が忘れてるかもしれませんが、今後とも末永くご愛顧のほどお願いいたします。





***


たくさんの方と出会って、たくさんの仲間が増えて、何人かの仲間はジテンシャを始めて。

いつの間にか「あぷじゃー」ができて、たくさん方が「あぷじゃー」纏ってくれて。

「あぷじゃー」を纏ったたくさん仲間とたくさんの山々を走りにいって。

お誕生日会をやって、クリスマスパーティをやって、結婚パーティーをやって、夏合宿をやって、冬合宿をやって、、


それらすべてがたったの3年間の出来事?

にわかには信じられない!

というのが今の本音です。




某ネズミーランドとかなら、「○周年!」なんて大々的に記念行事をやるのかもしれません。それはネズミーランドの住人が主役だから。


でもそれが「名も無き公園」、ただ単に友達が集まる「近所の空き地」ならば、それがいつからあったのかなんてあまり関係がないですよね?
むしろ「ずっと昔からあったよね?」って思ってしまうもの。


(亡き母が名付けた)このお店の名前「Aprico」は「日の当たる場所」といった意味だそうです。

その名前の通りApricoの主役はここに集う皆さんであってApricoはただの場所に過ぎません。

「Apricoって何年前からあったっけ?ずっと昔からあったよね?」


そんな風に思ってもらえる日が来たならば、これほど嬉しいことはありません。



ここで出会った皆さんが互いに、


「いつからの付き合いだっけ?ずっと昔から友達だった気がするよね?」


と、思っているように。



SN3S00280001.jpg
(Tくんねみちゃんありがとう♪)





***


「5月8日」といえば、去年のちょうどこの日、我が家にRizがやってきた日でもありました(←コッチは覚えてたw)

7735602_1854882888_253large.jpg





君がいなかった頃を、もはやどうやっても思い出せない。

「Rizっていつからいたっけ?ずっと昔から一緒にいる気がするよね?」

こんなに幸せなことは、ないのかもしれませんね^^








7735602_1784482478_107large.jpg






*kazu*

* リズ1歳 *

2013.03.28.21:56













 



3月3日、雛祭りにリズが1歳の誕生日を迎えました
拾われネコなので本当の誕生日はわからないけど
2月末か3月初めの生まれと言うことだったので…
 
女の子だし雛祭りを誕生日に決めました
 
ウチに来た時は1キロもなかったチビちゃんだったのに今は5キロ近くになって
すくすくと育っています
 
ささやかながらリズの好きなモノをプレゼント
 
 
実は先日亡くなったゴールデンのかんちゃん。
かんちゃんは正真正銘3月3日がお誕生日
 
一緒にお祝いしたかったな…
 
かんちゃんに贈れなかったからと
リズに蝶ネクタイのハーネスをプレゼントしてくれました。
どうもありがとう
 
 
家族だけでなくリズはたくさんの人に可愛がってもらってます
 
幸せなニャンコです
 



CA3A1409.jpg




♪keiko♪

* かんちゃん *

2013.02.01.17:45

ウチの近所にはアイドルがいます。

その名も「かん太」(ゴールデンレトリバー、10歳♂)。

通称「かんちゃん」。


7735602_1879705569_54large.jpg




賢くって穏やかでおっとりしてて。

近所の悪ガキ達にいぢられまくっても微動だにしなくって。

近所の元気なわんちゃんにまとわりつかれても嫌な顔ひとつしなくって。


三男某はちっちゃいとき「かんちゃんとりょうちゃん(←長男某のこと)こうかんしてぇ~!」とか駄々こねたし(実際交渉してみました←当然断られました^^;)、我が家では「犬とかさ、飼いたいけどぜったいかんちゃんと比べちゃうからかわいそうだよね」なんて言ってたし。


もうね、それくらい我が家のみならずご近所中から愛され慕われるワンちゃんなんです。



7735602_1879705571_124large.jpg






そんなかんちゃんが、「高グレード悪性リンパ腫(がんの一種)で余命いくばもない」って聞いたのは、確か去年の初夏を迎えた頃。

獣医からは「もって一ヶ月。歳も歳だから・・」と。



それでも諦めずかんちゃんパパ&ママ(飼い主さん)らもほうぼう手をつくして、担当獣医さんもいろいろ手を尽くして、なによりかんちゃん自身がそれに応えるようにがんばって。


「越えられない」って言われていた夏を乗り切って。



そうしてやがて秋を越え、冬を迎えて。


ぜったい無理って言われた「年」をみんなと一緒に超えて。



どんなに寒いときでも玄関先で(晩年は立つこともできなくなっていたから)寝そべって子どもたちの相手をしてくれて、近所のおばさま達の井戸端会議の中心にいて。



なーんだ。医者の言うことも案外アテになんないんじゃないか。奇跡があるんじゃないか。






そう思っていた矢先、そっと息を引き取りました。かんちゃんパパ&ママに看取られて。

享年10歳と11ヶ月。



我慢強い犬だったから、どんなに痛くてもしんどくても声ひとつ出さないコだったから、その苦しさは想像すら出来ないのだけど、でもさぞ辛かったろうね。痛かったよね。

よくがんばったな。よくがんばった。おつかれさま。よくやったね。



最後のお別れに行ってきたのだけど、お部屋は近所の皆んなからのお花がたーくさん!所狭しと並べられていて圧倒されちゃったよ。


かんちゃんの人柄(犬柄?)なんだろうね。人気者だったからね。皆んなに愛されてたからね。






イギリスの諺(という説があるけど出典不明)に

『子供が生まれたら犬を飼いなさい。

 子供が赤ちゃんの時は、子供の良き守り手となるでしょう。

 子供が幼年期の時は、子供の良き遊び相手となるでしょう。

 子供が少年期の時は、子供の良き理解者となるでしょう。
 
 そして子供が大きくなった時…

 自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。 』

という言葉があるそうです。


ウチの愚息たちはみんなメソメソしていたけれど(特に長男某が一番オイオイ泣いてたりして^^:)、

かんちゃんから何か受け取ったかな。
何か受け取ってくれているといいな。
今すぐじゃなくても、いつか気づくときが来るといいな。

そんな風に思っています。












僕達がだいすきだったかんちゃん。


ありがとう。


ずっとわすれないよ。



7735602_1879705568_54large.jpg





プロフィール

caffe.bar.Aprico

Author:caffe.bar.Aprico
Caffe Bar Aprico の日記です

本家はコチラからどうぞ。
http://aprico.info/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。